子どもの国TOP

活動内容

子どもの国の歩み

子どもの国だより

ボランティア募集

会員募集

活動場所

子どもの国のあゆみ

 

1998年(H10) ○保見団地内で遊ぶ不就学の子どもたちと出会い、家庭訪問を始める。
         ○帰国予定のAさんに母語の教室を開く。

1999年(H11) ○民間ボランティア団体「子どもの国教育基金の会」を設立。

2000年(H12) ○「子どもの教育について考える会」を毎月1回のペースで始める。
                                 (現在の交流会)
         ○日本の小学校に入学予定で、日本語が話せない子に出会い、
          入学前日本語教室を開く。(2000年2月〜2000年3月)
         ○保見団地に住む日系ブラジル人のお母さんから、学校の宿題を教えて
          もらいたいとの声があり、放課後学習支援事業「ゆめの木教室」を
          始める。(2000年4月〜現在)

2001年(H13) ○特定非営利活動法人 認証

2002年(H14) ○放課後学習支援事業「ゆめの木教室」が、豊田市より事業委託され、
          現在に至る。
         ○文化庁委嘱協力事業「親子参加型日本語教室」実施の協力を行う。
                            (2002年11月〜2005年3月)

2003年(H15) ○独立行政法人福祉医療機構 助成事業「特別分」実施。
                            (2003年4月〜2004年3月)

2004年(H16) ○青少年自立支援事業「そら」豊田市より事業委託され、現在に至る。
         ○公立小中学校と定期的に情報交換・相談ができるようになる。

2006年(H18) ○提案と実施協力
           @不就学調査
           A豊田市外国籍児童生徒受け入れマニュアル作成(指導者用)
         ○事務局メンバーを中心に、「ゆめの木漢字検定」を作り始める。
         ○交流会で進路説明会を始める。

2008年(H20) ○キワニス文庫賞  (名古屋キワニスクラブ)
         ○愛知県国際交流推進功労者賞  (財団法人愛知県国際交流協会)